【効果】ユニフォーム(制服)を着る意義・意味って?

ニフォームを着る意味って?

   私たちは仕事をするとき、何らかの仕事着(ユニフォーム)を着用します。

スーツもその一つですし、荷物を届けてくれる配達員の方も、看護師の方も、皆仕事着を着ていますよね。
ユニフォームの男性

私たちは仕事をするときに、どうしてお揃いのユニフォームを着ているのでしょうか。

ユニフォームが何故必要なのか、ユニフォームの意義を考えていきたいと思います。

 

みんなでユニフォームを着る意味はあるのかな??

ユニフォームに意義、意味について語る

ニフォームの意義

   ユニフォームを着ることで、どんな効果、価値が生まれるのでしょうか。

私服にはない、ユニフォームだからこそ出せる効果を心理面と身体面に分けてみていきましょう。

心理面

①気持ちの切り替え

   気持ちを仕事モードに切り替え、モチベーションのアップに貢献

仕事をするにあたって、気持ちのオン/オフを切り替えて、メリハリをつけることが重要ですよね。
ユニフォームを着ることで、「これから仕事」という明確な区切りができ、仕事モードに入っていけます。

ユニフォーム、制服の意義はやる気

 

②連帯感、仲間意識の醸成

   自分のミスで仲間に迷惑がかかることを意識し、品質の向上に貢献

同じユニフォームを着ることで、皆で仕事を行っているという意識、更にはその内の一人として責任感が醸成されます。

その責任感がそれぞれの良い仕事を生みます。

 
 

③使命感、プライドの創成

   職種を体現したユニフォームの着用で、自覚と使命感、プライドの向上に貢献

ユニフォームは仕事を表現する服でもあります。

仕事で頑張る心を支えるものの一つはプライドではないでしょうか。

自分の仕事へのプライドがユニフォームを着ることで高まります。

 

ユニフォームを着ることで、「今日も頑張ろう!」って気持ちになりますもんね。背筋が伸びる感じがするかな。

ユニフォームに意義、意味について語る

身体面

①動作性がよくなる

   ユニフォームは「働く為の服」です。汚れや傷みをきにせず、思い切って仕事に打ち込めます。

動きやすいような工夫があったり、その職種で行う動作に合わせた作りがなされています。

“着る”ことによってバリバリ仕事に打ち込めます。

ユニフォームを着る効果は仕事への打ち込み

 

②快適性向上

   暑さ、寒さ、発汗、発熱、湿気への対策をすることで、作業性の向上に貢献

季節に応じたユニフォームが製造されています。

汗を素早く乾かす素材を使ったユニフォームや、猛暑の強い味方である空調服など、快適に仕事ができるよう多くの工夫がなされています。

 

③安全性の向上

   機械への巻き込み、引っ掛かり、着火などの危険に対処することで従業員の安全性の向上に貢献

近年では、熱中症に対する安全性も含まれると思います。

社員に対する労働環境の一部と考えられるでしょう。

 

知らないうちにユニフォームに助けられているんだね。

ユニフォームに意義、意味について語る
 
 

客様の安心にも

   ユニフォームは着る人自身だけでなく、接するお客様が受ける印象にも影響を与えます。

その業種を体現したユニフォームを着た人からは安心してサービスを受けることができます。

ユニフォームの効果で安心してサービスを
自宅に配達に来てくれた方がユニフォームを着ているからこそ、信頼して荷物を受けとることができますよね。
普通の私服では、ドアを開けるのを戸惑ってしまうかもしれません。
また、コンセプトを大事にした飲食店やテーマパークの従業員はキャストとして捉えられます。

着ているユニフォームもその雰囲気に合ったものであればお客様が感じる満足感も向上します。

 
 

ニフォームは労働環境の一種?

   人手不足が叫ばれる昨今の日本です。。。
従業員の方々が気持ち良く、楽しく働ける環境を整えるのは、人を集める有効な手立ての一つでしょう。

 

「社食がなんと・・・」
「こんな設備を導入しています!」
「こんな休日をとることができます!」

 

   と言われれば、「ここで働いてみようかな」と心躍ります。
ユニフォームでも同じ事が言えるかと思います。

 
求人

「かなり動きやすいユニフォームです」
「空調服で猛暑でも安心です」
「蒸れにくい快適ウェアです」

   
いかがでしょうか?
もし他の条件が同じならば、より快適なユニフォームで仕事をさせてくれる会社を選ぶかもしれません。
ユニフォームもアピールできる労働環境の一つとなり得ます。
猛暑の外の作業で、空調服を着るの着ないのとでは、快適さが大きく変わってきます、、、。

(空調服を使ってみた感想はコチラ)

 

・・・ちなみに私は普段、レンタルユニフォームの配達員をしています。

私が着用しているズボンは腰部分に伸縮性のある素材が入っており、動きやすいようになっています。

クリーニングをしたユニフォームを納品するので、『きれい・さわやか』な印象を表現できればと思い、上はチェック(水色×白)の爽やかな速乾ポロシャツを着ています。

オリジナル、オーダーメイドの作業着ご相談ください

オリジナルの作業着    当社では、お客様オリジナルのユニフォームの製造を承っています。 社名の刺繍やワッペンの貼り付けではなく、ユニフォーム自体を一から製造いたします。 したがって、お客様 […]

JIS T8118適合の帯電防止ユニフォーム(作業服)

平常時、私たちが生活をしている中では、手にパチッとなる程度のものでしかありません。 しかし科学工場などの環境によっては、静電気は大きな事故に繋がるとても危険な因子となり得ます。 そのような現場では、帯電防止の素材を使った […]

空調服をレビュー・・・思った以上の実力

今年も猛暑が予想されます。。。 猛暑を乗り切る為に、様々な暑さ対策がありますが、ユニフォームの会社である当社としてできることは、やはり服での対策です!! そこで、まずは自分達からということで、私 犬塚はレンタルユニフォー […]

日本国内工場で小ロットから縫製が可能です

当社には、新潟県村上市に自社の縫製工場がございます。 日々、主にお客様のワーキングユニフォーム(作業服)の縫製を行っております。 お客様のユニフォームを一から企画させて頂く場合も、縫製のみのご依頼をお受けする場合もござい […]

新品のユニフォームをレンタルでご用意します

       

【作業服】綿100%?ポリエステル?メリット/デメリットは?

綿?ポリエステル?     作業服を選ぶとき、デザインも重要ですが、素材も重要になってきますよね。 そこで私たちが直面するのは「綿かポリエステルか問題」です。 綿100%、ポリエステル100 […]

ゴアテックスだけじゃない!作業着、レインウェアに最適な素材

   ゴアテックス(GORE-TEX)という素材をご存知でしょうか? こちらを読んでいただいている方はご存知ですよね。 アウトドアショップにはゴアテックスを採用したウェアがたくさん並んでいま […]

大会参加賞やノベルティにTシャツはいかがでしょうか。

イベントに参加して、Tシャツを貰った経験はありますでしょうか。。。 Tシャツって貰えると嬉しいですよね。 Tシャツは嬉しい      私は学生時代、ランニングやスポーツの大会に多数 […]

レンタルユニフォーム納品・集荷の流れ

当社レンタルユニフォーム事例    当社ではユニフォームのレンタル事業も行っております。 貴社の業務に最適なユニフォームを選定し、クリーニング、メンテナンス(修理)等を一貫して行っております […]

【効果】ユニフォーム(制服)を着る意義・意味って?

ユニフォームを着る意味って?    私たちは仕事をするとき、何らかの仕事着(ユニフォーム)を着用します。 スーツもその一つですし、荷物を届けてくれる配達員の方も、看護師の方も、皆仕事着を着て […]